ATTEMPT

HOME | ATTEMPT

保留ラーメンとは?

貧困対策と支援活動

こんにちは。屋台けいじ大将の安部 雄太です。少し長くなりますが、屋台けいじで提供する"保留ラーメン"のお話し、最後までお付き合い頂ければ幸いです。まず、保留ラーメンのお話しの前に"保留コーヒー(Suspended Coffee)"をご存知でしょうか?これは2014年頃にイタリアから始まった活動で、カフェで客が1杯のコーヒーを買う時に、お金のない誰かのためにもう1杯分の料金を"前払い"する、ささやかな善意の活動で、店はお金に余裕のない方から申し出があった場合、前払いされた資金を使ってコーヒーを無料で提供する活動です。 この活動をラーメンに置き換えたのが"保留ラーメン"で「お金単位」ではなく「物単位」の寄付で、食べ物を"保留"して本当に必要としている方に届けられるシステムです。

GENESIS

屋台のルーツは江戸時代

屋台とは、道路や広場などで立ち売りをするための小さな屋根の付いた飲食用や物販用の台を備えた移動可能な簡易店舗のこと。日本における屋台の始まりは、江戸時代にさかのぼり、享保年間1716~1736年に出現し、天明1781~1789年以後に盛んになった屋台は、肩などに担いで移動しながら商う「棒手振り」や、蕎麦売りに代表される「振り売り」形式の屋台と、仮設店舗を組立てて移動せずに商う寿司売りに代表される「立ち売り」形式の屋台の二通りがあり、いずれも車輪がついていない「据え置き型」であった。参勤交代の武士や流入した労働者ら単身赴任者の多かった江戸において明暦の大火以降、外食需要の高まりもあって賑わい、手早く食べる事のできる、蕎麦、うなぎの蒲焼、天ぷら、寿司が人気であった。今、福岡県内で見られるリヤカーを改造した屋台は、終戦後に焼け野原の闇市などで戦災者や外地引揚者、戦争未亡人らの手で始まった。

SETUP YATAI

問題提起

貧困問題の根底には、家庭の収入減少と所得格差の拡大が大きな問題として言われていますが、屋台けいじを営業している福岡県は、昨今急激に人口が増えており、共働きの家庭や一人親の世帯も多く家族の時間も縮小しているため相対的貧困率は増加傾向にあります。この現状を少しでも解決したいとの思いから保留ラーメンを始めました。

子どもの貧困率の状況

    • 日本の子どもの相対的貧困率は16.3%。これは日本の子供のおよそ6人に1人が貧困状況に置かれている事を示しています。
  • 生活保護世帯の状況
    • 福岡県における生活保護を受給する17歳以下の子どもの数は17,893人。
  • 社会的養護を必要とする児童の状況
    • 福岡県における児童養護施設や里親などの社会的養護を必要とする児童の数は、毎年およそ1,800人前後。
  • ひとり親家庭の状況
    • 福岡県における母子家庭の世帯数は74,728 世帯、父子家庭の世帯数は 9,975世帯。
  • 要保護及び準要保護児童生徒の状況
    • 市町村が実施する就学援助の対象となる要保護及び準要保護児童生徒数は、91,521人であり、公立小中学校の全児童生徒数に占める割合は22.6%。
※福岡県の場合、生活保護や就学援助の状況を勘案すると子どもの貧困率は全国数値を上回っているのではないかと考えられています。
※参考資料:福岡県子どもの貧困対策推進計画

SETUP YATAI

活動内容

店頭にて現金での支援も募っていますが、屋台けいじでは通常会計に暗号資産のNEMを使った決済を取り入れている事から、保留ラーメンでもNEM(XEM)での支援をお願いしています。暗号資産のNEMを使う事で、ブロックチェーンやマルチシグを使ったセキュリティ環境構築も可能で、第三者に取引き量と取引き履歴の開示が可能になります。今までの募金活動や慈善活動では、資金の動きが不明で、信用に欠ける部分を暗号通貨NEM(XEM)で運用することで開示し、証明可能にしています。実際に屋台けいじで保留ラーメンの提供をしていても、自分から「本当にお金が無くて困っている」との申告をする方は、ごく少数だろうと思っていますし、こちらとしても判断が難しいとの観点から、保留ラーメンに集まった資金からのラーメンの無料提供は、
 

  • 0歳から12歳までのお子様。(小学生までのお子様)
  • こども食堂への炊出しと再寄付
  • 経済的に不自由で食事を必要としている方。
上記の方に限定させて頂きます。上記の方以外でも、災害など天災被害に遭われた方に復興支援の一環として、現地での保留ラーメンの無料提供をさせて頂く場合があります。また、店頭で現金での支援をして頂いた場合は、透明の募金箱に一時保管のうえ、NEM(XEM)に変えて専用ウォレットに送金し管理します。

SETUP YATAI

ブロックチェーンの活用

保留ラーメンは暗号資産のNEMのブロックチェーンを使った運用・管理をしています。最近何かと話題の暗号資産ですが、暗号資産の1つにNEM(XEM)とのいう通貨があります。NEMはもともと「金銭的な自由、分散化、平等、および連帯感の原則に基づき、新しい経済圏の創出」を目標としてはじまった暗号資産のプロジェクトです。また、NEMには「富の再分配」との考え方も有ります。この、富の再分配を「屋台けいじ」なりの解釈で構築したのが保留ラーメンです。皆さんから集まった善意のNEM(XEM)を安全かつ厳格に管理するため、保留ラーメン保管ウォレットにマルチシグを設定しています。マルチシグとは、お財布からお金を移動させる場合に2人か3人からの承認がないと移動できないシステムの事で、ハッキング・不正出金・横領などで本来の目的以外にNEM(XEM)を使えない様にしています。また、ブロックチェーンの技術によりNEM(XEM)の動きは、第三者に取引き量と取引き履歴の開示を可能にし監視可能です。(※トランザクション)今までの募金活動や慈善活動では「資金の動きが不明」で信用に欠ける部分を暗号通貨NEM(XEM)で運用することで開示・証明可能にしています。

New Economy Movement

保留ラーメンの管理とセキュリティ。

皆さんから集まった善意のNEM(XEM)を安全かつ厳格に管理するため、保留ラーメン保管ウォレットにマルチシグを設定しています。マルチシグとは、お財布からお金を移動させる場合に2人か3人からの承認がないと移動できないシステムの事で、ハッキング・不正出金・横領などで本来の目的以外にNEM(XEM)を使えない様にしています。また、ブロックチェーンの技術によりNEM(XEM)の動きは第三者からも監視可能です。
ー 保留ラーメン「マルチシグ」の説明 ー

  • 保留使用希望者が来店した場合、善意で集まったXEMを希望者に支払い行為を行ってい頂きたいので、希望者①にスマートフォン① を渡し、従業員付き添いの元でスマートフォンを操作して頂きます。
  • スマートフォン②のQRを読み込んで頂き、店舗通常決済に送金。
  • ②か③の承認が得れれば送金完了。(2or3)

New Economy Movement

ブロックチェーンの活用

最近何かと話題の仮想通貨ですが、仮想通貨は本来「暗号通貨」であり、今は投機や投資としての値動きばかりが注目され、金銭の授受や稼ぐことに関するものばかりで「与える」事への関心はないと感じています。ですが、僕自身は暗号通貨のブロックチェーンの技術や非中央集権的な考え方は新しい経済圏の創出と経済活動を促すモノだと考えています。また、慈善活動や募金活動の多くは集めた資金の動きが不透明でプロジェクトの進行が第三者から判りにくいとの問題も抱えており、信用できない場合があります。今回僕が始める「保留ラーメン」も支援活動の1つですが、保留ラーメンは「金銭的な自由、分散化、平等、および連帯感の原則に基づき、新しい経済圏の創出」と「富の再分配」を屋台けいじなりの解釈で構築した、暗号通貨NEM(XEM)のブロックチェーンを活用した活動です。この活動は支援活動への信頼向上にもつながると考えており、同じようなシステムはあらゆる企業やお店でも直ぐに取り入れ可能です。暗号通貨のネムやビットコインによる寄付の活動が一般的に受け入れられ、暗号通貨市場の繁栄がこれから伸びる分野だと世間的に認識されれば、暗号通貨による支援活動はこれから伸びていくと思います。第三者から監視可能で、追跡、管理可能なスマートコントラクトやブロックチェーンについての試験と実績を重ねれば支援活動の透明性が向上し、暗号通貨を用いた新たな基準が出来てくるかもしれません。まだ、始まったばかりで未成熟なサービスですが皆様にとって何かの助力となれれば幸いです。今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

SETUP YATAI

ビジョン

福岡の街の片隅で始まった支援活動の"保留ラーメン"ですが、未来を担う子どもたちが生まれ育った環境に左右されず、本人の意欲と適性に応じて教育を受け、地域社会を支える一員として活躍できる環境構築の一助を担うことを目標に保留ラーメンの無料提供を行います。また、屋台の営業時間や営業場所の関係上、保留ラーメンを届けたい方に届けられない事もあるので、出張保留ラーメンの提供を行います。そのために各所との連携を図りたいと考えていますので協力宜しくお願いします。
 

  • 貧困の状況にある子供、貧困の状況に陥るおそれのある子供。
  • 生活保護世帯の子供や児童養護施設に入所している子供。
  • ひとり親家庭の子供。
  • 子ども食堂運営者。
  • 行政、保育所、学校、ボランティア、社会福祉協議会、NPOなど地域関係者。
  • 災害などの天災被害に遭われた方。
上記に該当する方や、上記に該当する方をご存知の場合は、屋台けいじに連絡頂きますよう宜しくお願い致します。また、現金の授受は支援活動の透明性を欠くことから、現金を一切使わずに支援できる体制を構築したいと考えています。仮想通貨決済を導入している事業者様からも御連絡頂ければ幸いです。

SETUP YATAI

寄付先

  • 保留ラーメンアドレスへの送金は取引所アドレスからではなくウォレットアドレスからお願いします。
  • アドレス入力のみで送金可能でメッセージは入力不要であれば記入せず送金可能です。
  • 保留ラーメンはNEM/XEMで運用しています。NEM/XEM以外の通貨を送金された場合、受け取る事ができず取り出せなくなる可能性がありますので十分にご注意ください。
  • 一度送金して頂いた寄付金は返還致し兼ねます。数量確認の上、送金頂きますよう宜しくお願い致します。
  • 活動の透明性と健全な継続の為、店舗外での保留ラーメンの営業活動及び金銭の授受は行いません。当店とは無関係な営業で、保留ラーメンや屋台けいじを名乗る活動にご注意ください。
  • 保留ラーメンについて詳しい運用方法や管理方法がご覧になりたい場合は「保留ラーメン運用詳細」をご覧ください。

ATTEMPT

屋台の取組み

時代の流れから繁栄と衰退を繰り返してきた屋台ですが、地域のコミュニティとして、福岡博多の観光名物として、社会に貢献できるよう取り組みます。

LinkIcon

POLICY

福岡市屋台指導要綱と屋台基本条例を基に、福岡博多の食文化とコミュニティを守り、愛させる屋台作りに努めます。

LinkIcon

ATTEMPT

ルールの遵守や衛生面への配慮、地域の安心・安全への取組み、地域住人や同業飲食店との積極的な連携を図ります。

LinkIcon

PUBULIC RECRUITMENT

公募による屋台営業新規参入を後押しするルール作りとアドバイスを積極的に行い、屋台の利用者から意見収集を日々続けます。

STAFF

スタッフ紹介

役職名

スタッフ名

役職名

スタッフ名

役職名

スタッフ名

役職名

スタッフ名